コンテンツにスキップする

ソフバンク株が大幅安:追証懸念にジャスダック障害-今年高値の半値

ヤフーをはじめとする上場企業に投資して いるソフトバンクの株価が連日の大幅安。売り気配値を切り下げた後に取引が 成立、一時前週末比で12%下落した。日本株安を受けたこれまでの株価下落に 伴う信用取引の追証(委託保証金の追加差し入れ)懸念に加え、ジャスダック のシステム障害に伴う売りが加わった。

株価は一時470円(12%)安の3530円まで下落した。前週末の470円(11%) 安に続いて連日の大幅下落になる。株価は10月17日の今年最高値(7370円) の半値まで下がった。1月9日の今年最安値(1221円)に比べるとほぼ3倍。 午前10時24分現在でも同じ価格で取引が進んでいる。売買代金は247億円と 東証1部首位。

ソフトバンク株の下落について市場は「信用取引で買っていた投資家が追 証を恐れて手持ち株を売っているのに加え、ジャスダックのシステム障害を受 けた売り注文が加わっているのではないか」(小川敏男・泉証券商品部副長)と みている。

ヤフーをはじめとする多くの上場企業に投資しているソフトバンクは、手 持ち株の含み益が減少する日本株の下落は売り要因になる。ヤフー株は一時9 万円(6.4%)安の132万円まで下落、午前10時24分現在で同7万円(5.0%) 安の134万円で取引が進んでいる

相場には「システム障害は売り」という原則があり、ジャスダックを運営 する日本証券業協会は8時半前後にシステム障害により全銘柄の売買を停止す ると証券各社に伝えたという。その後、ジャスダックは10時半から取引が再開 になると発表されている。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (81)(3)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE