新日石:9月中間純利益は20倍の102億円-通期は下方修正(4)

新日本石油が14日発表した2003年9月期の連結 純利益は前年同期比20倍の102億円となった。石油製品販売のマージン改善や、前年同 期に計上した早期退職希望者に対する退職金負担の影響がなくなるなど特別損益が改善 したことで利益は大幅に向上したが、冷夏の影響などで販売数量が伸び悩み、従来予想 の120億円は下回った。通期の連結純利益も原油在庫の評価損が膨らむことなどから従 来予想の250億円から前期比57%減の140億円へと下方修正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。