楽天:DLJ証を買収、300億円で株式96.7%取得-ネット金融へ(4)

インターネット仮想商店街「楽天市場」を 運営する楽天は、インターネット証券国内3位のDLJディレクトSFG証券 (東京・千代田区)を買収する。約300億円で発行済み株式の96.7%を主要株 主のCSFBディレクト・アジア・ホールディングスと三井住友銀行をはじめ とする株主から取得、ネット金融に参入する。

東証で14日発表した資料によると、楽天はCSFB、三井住友銀行などの 株主とDLJ証券買収で基本合意した。楽天は年内をめどにDLJ証の発行済 み株式6万株のうち5万8000株(96.7%)を買い取る。残りの2000株につい ては三井住友銀行が保有を続け、DLJ証に従来通りの支援・協力を続ける。

正式な株式売買契約は、各社が正式に決定してから締結されるとしており、 買収日程をはじめとする詳細は、改めて発表する。DLJ証の国重惇史社長は この日、「楽天買収後も経営の方向性は同じで、資金面を含めて三井住友銀行か らのバックアップも変わらない」と述べた。

リテール(個人投資家向け取引)から基本的に撤退する方向のCSFBは、 DLJ証株式の売却を以前から表明し、昨年3月にはソニーがDLJ証株を取 得、傘下のマネックス証券と合併させる案も浮上していた。ソニー以外にも複 数の企業がDLJ証株の取得に興味を示していた。楽天のメーンバンクは三井 住友銀行。

いちよし経済研究所の納博司・アナリストは、楽天のDLJ証買収を「あ まり評価はしていない」と述べた。9月に買収したインターネット宿泊予約サ イト「旅の窓口」は、楽天市場との顧客の相互誘導という相乗効果が期待でき たが、インターネットを使いこなしているDLJ証の顧客では、同様の効果が 期待しにくいと指摘している。

さらに、「旅の窓口」買収に323億円を投資した結果、楽天の手持ち資金が 減少、DLJ証買収では外部からの資金調達が必要になると予想している。こ のため、今後については「楽天がどのような枠組みで買収資金を調達するかが 焦点になる」と指摘した。

DLJ証にはCSFBが50%、三井住友銀行が21.3%、インターネットイ ニシアティブ(IIJ)が6%を出資、ほかに住友商事、三井住友海上火災保 険、住友信託銀行、住友生命保険が資金を拠出している。

楽天の株価終値は、前日比2万5000円(4.5%)安の52万6000円。一時 前日比で3万6000円(6.5%)安の51万5000円まで下落した。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841

日向 貴彦 Takahiko Hyuga e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE