出光興産:愛知県で発電設備を試運転-電力卸売事業へ進出

出光興産は13日、愛知製油所内に建設した発電 設備の試運転を17日から開始すると発表した。発電能力は22万5000キロワットで、 燃料として重質重油を年間40万キロリットル使用する。2004年7月1日から15年間 にわたり中部電力に全量供給する計画で、同社としては電力卸売事業への進出となる。

出光興産ではまた、北海道製油所内の既存発電設備を利用して余剰電力1万5000 キロワットを来年10月から15年間、北海道電力向けに供給する予定。同社では電力会 社向けに電力を卸売りするIPP(独立系発電事業者)事業と、一定規模の需要がある 顧客向けに供給するPPS(特定規模電気事業者)事業を合わせて、2010年に計100 万キロワットの電力販売を目指すとしている。

--*東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki (81)(3)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Ozawa

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE