ブッシュ米大統領、鉄鋼緊急輸入制限措置を撤廃も-米政府当局者

ブッシュ米大統領が、世界貿易機関(WT O)が10日協定違反と認定した鉄鋼緊急輸入制限措置(セーフガード)を撤廃 する可能性があることが12日、ホワイトハウス当局者2人の話で明らかになっ た。

同当局者らが匿名を条件に語ったところによると、ブッシュ米大統領はま た、鉄鋼産業を基盤産業とする州の有権者の反発に配慮し、同措置を撤廃せず 縮小することも検討しているという。選択肢のなかには、セーフガードを解除 し、米国市場に安値攻勢をかける国や諸国に対して制裁措置を講じる権限を残 す案もあるという。

10日のWTOの認定により、ブッシュ米大統領は30日以内にセーフガード を撤廃するか、欧州連合(EU)や日本による23億ドル(約2500億円)相当 の報復関税を課せられることになる。

ブッシュ大統領は、大統領選挙を来年に控えているだけに、U.S.スチ ールやニューコアなどの米鉄鋼メーカーや、ウエストバージニア州、オハイオ 州、ペンシルベニア州の労働者の反発を回避したい考え。3州の大統領選挙人 の合計は、再選に必要な270人のうち47人を占める。

--*ワシントン Richard Keil 、Mark Drajem 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo   (813)3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE