東燃ゼネラル石油:7-9月期の連結純利益は2.7倍の67億円(2)

米メジャー(国際石油資本)エクソン・モービ ル系の東燃ゼネラル石油は12日、2003年第3四半期(7-9月期)の連結純利益が前 年同期比2.7倍の67億円になったと発表した。石油製品販売の利益率が改善したことや、 パラキシレン市況が好調だったことが寄与した。2003年12月期の通期予想は従来予想 に変更はなく、連結純利益は前期比3.2倍の270億円を見込む。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。