Jエナジー:10-12月期の原油処理計画を修正-出光向け供給で

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエナジー はこのほど、10-12月期の原油処理計画を前年同期と変わらずの696万キロリットルに 修正することを決めた。従来は2%減の685万キロリットルを見込んでいた。広報担当 の高田正紀氏が12日、明らかにした。

北海道製油所の稼働を停止している出光興産向けに10-11月で8万キロリットルの 石油製品供給で合意し、12月も引き続き4万-5万キロリットルの供給を見込んでいる ほか、電力向けC重油需要も堅調のため。

新日鉱ホールディングスの株価は前日比2円(0.5%)安の366円(午前10時 47 分現在)。

--*東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki (8)(31)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE