Jエナジー:10-12月期の原油処理計画を修正-出光向け供給で

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエナジー はこのほど、10-12月期の原油処理計画を前年同期と変わらずの696万キロリットルに 修正することを決めた。従来は2%減の685万キロリットルを見込んでいた。広報担当 の高田正紀氏が12日、明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。