独政府:テレコムとポストの株式55億ユーロ相当をKFWに売却

11月11日(ブル-ムバ-グ):ドイツ政府は11日、ドイツ・テレコムと ドイツ・ポストの保有株の一部である55億ユーロ(約6880億円)相当を国営のド イツ復興金融公庫(KFW)に譲渡した。同国の財政赤字削減にあてるのが狙い。

KFWの発表資料によると、譲渡された株式は、ドイツ・テレコムの発行済 み株式数の約4.7%にあたる1億9900万株とドイツ・ポストの同30%にあたる 3億4400万株。同株式をKFWが将来売却して得た利益は政府も共有する。

上期のリセッション(景気後退)局面での税収減と社会保障費の増加を受け て、今年のドイツの財政赤字は記録的な水準にまで膨らむ見通し。同国は、欧州 連合(EU)が定める財政赤字の上限に対して今年と来年の2年連続で違反する とみられている。

同国財務省のステファン・ギフェラー広報官によると、今回の株式売却によ り得られた現金はすべて今年の連邦予算に組み入れられ、通信と郵便それぞれの 旧独占企業に対する年金支払いに充てられる。

またギフェラー広報官によると、ゲアハルト・シュレーダー首相は、減税の 財源として、来年の予算に資産などの売却益22億ユーロ相当を組み入れる予定 だという。それ以上の売却を行うかどうかについては、まだ未定という。

--*ミュンヘン Hellmuth Tromm ジュネーブ  蒲原 桂子 Keiko Kambara (41) (22) 317-9233 kkambara@bloomberg.net Editor: Sakihama

DTE GR <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE