UBSの7-9月期:過去3年間で最高益-株式相場回復追い風(2)

資産規模で欧州の銀行最大手、スイスのU BSが11日発表した第3四半期(7-9月)決算は、四半期としては過去3年 間で最高益を記録した。株式相場の回復を追い風に、投資銀行部門や資産運用 部門の利益が拡大した。

純利益は16億7000万スイス・フラン(約1330億円、1株当たり1.47ス イス・フラン)と、前年同期の9億4200万スイス・フラン(1株当たり0.76 スイス・フラン)に比べて78%増加した。アナリスト予想は13億9000万スイ ス・フランだった。

UBSは、経費抑制や不良債権の整理を進めることで、ドイツ銀行などの ライバル会社を上回る業績を上げている。株式相場の回復により顧客資産が拡 大し、手数料収入やトレーディング収入の増加につながった。ただ第3四半期 は、債券相場が急落してUBSや同業のクレディ・スイスの業績を圧迫。UB Sの総収入は前期比で7%減少した。

UBSのピーター・ウフリ最高経営責任者(CEO)は「当社は、変動の 激しい相場環境にもかかわらず、収益機会をつかんだ」との認識を示し、第3 四半期決算から、「UBSが素晴らしい株主利益率を提供し続けることができる という自信を得た」と述べた。

--*チューリヒ  Philipp Goellner 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo   (813)3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta/Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE