第一生命:中国の平安保険に出資、外資では4番目-東方日報

11日付の香港紙、東方日報は、第一生命保 険が、中国2位の生命保険会社、平安保険に出資したと報じた。平安保険のゼ ネラルマネジャー、張子欣氏の話として伝えた。

それによると、第一生命は平安保険に出資する外資系企業としては4番目 となる。出資比率については報じていない。現在、米証券大手のゴールドマン・ サックス、モルガン・スタンレー、英金融大手のHSBCホールディングスの 出資比率が合わせて約23.72%となっている。中国政府は、中国本土の保険会社 1行当たりの外国資本比率を25%に制限している。

同紙が情報源を明示せずに報じたところでは、平安保険は来年第3四半期 (7-9月)前に香港市場に上場する可能性がある。同社は当初、ことしの上 場を予定していたいう。また張氏は、同社が当面「十分な資本」を保有してい ると述べた。

(11日付東方日報、ビジネス3面)

--*香港 Clare Cheung 東京 堀江 広美 Hiromi Horie (81)(3) 3201-8913 hhorie@bloomberg.net Editor:Kakuta

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE