ソフバンク株は売り気配:中間純損失773億円に拡大-取引開始個人売

前日に大幅赤字の中間決算を発表したソフ トバンクの株価が売り気配、赤字拡大を受けて取引開始から売り注文が膨らん でいる。買い注文の株数が少なく、取引は成立していない。

株価は午前9時3分現在で、前日比50円(1.0%)安に当たる4760円で売 り気配になっている。売り注文は約300万株、一方の買い注文は約37万株。売 り注文が多く、売り気配値は切り下がりそうだ。

市場はソフトバンク株の売り気配について「大幅赤字の決算をきっかけに 株価が下げるとみた個人投資家が、この日は売り注文で利益を確保しようとし ている」(石川照久・泉証券商品部長)とみている。

10日に発表した9月中間決算は、連結純損失が773億円(前年同期は558億 円)に拡大した。ブロードバンド(高速大容量)通信事業「ヤフーBB」の顧 客獲得に伴う先行投資がかさみ赤字が続いている。

7-9月期の営業損失は151億円。四半期の営業損失は前期の第4四半期 (337億円)を底に改善傾向にある。今期の第1四半期は241億円の営業損失だ った。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE