NTTコム:破綻のCWC買収へ、100億円規模-管財人と基本合意

国内通信最大手NTTの全額出資子会社、 NTTコミュニケーションズは、破たんした法人向けデータ通信会社クロスウ ェイブ・コミュニケーションズ(CWC)を買収する。100億円規模で営業譲渡 を受け、大半の事業を引き継ぐ。CWCの持つ経営資源をNTTグループの経 営資源に取り込む。

NTTコムの鈴木正誠社長は11日の決算発表の席上、CWC支援について 管財人と基本合意したことを明らかにした。営業譲渡額は100億円規模の見込 みだが、「今後、買収監査をして金額を確定する。事業継続に必要な人員も雇用 する」と述べた。

CWCを買収するのは、広域LAN(構内情報通信網)といったネットワ ークの強みを持っており、NTTグループとして今後ブロードバンド(高速大 容量)通信事業を展開する際に相乗効果が期待できるからだ。鈴木社長は「年 内をめどに買収についての最終契約合意を目指す」と述べた。

NTTグループは、CWC破たんにより財務体質が悪化した親会社インタ ーネットイニシアティブ(IIJ)をすでに傘下に収めており、最終的にはC WCもグループに取り込むことになった。

東京三菱投信投資顧問の露久保裕道・投信運用部部長は、NTTグループ のCWC支援について、「データ通信事業が拡大していく将来への布石」と予想 した。そのうえで「すぐにインパクトがある話ではないが、データ事業の強化 による収益構造の立て直しに向けた取り組みでメリットはあるだろう」と評価 した。

CWCのスポンサー企業には当初、米投資会社のリップルウッド・ホール ディングスやKDDIも名乗りを上げたもようだが、リップルやKDDIは最 終的に交渉から降りた。

CWCは8月20日、会社更生手続きを申請、破たんした。競争激化からデ ータ通信事業の赤字が続いて資金繰りが悪化、負債総額は子会社2社を含めて 684億円だった。この段階でCWCはIIJが38%、ソニーとトヨタが各24% を出資していた。

NTTの株価終値は前日比6000円(1.4%)高の45万1000円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841

林 純子 Junko Hayashi

鈴木 恭子 Kyoko Suzuki e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE