コンテンツにスキップする

携帯電話10月純増数:KDDI4カ月ぶり首位-ボーダフォン不振(3)

携帯電話契約数の10月の純増数は、移動体 通信国内2位のKDDIが4カ月ぶりに首位に返り咲いた。新機種2種類を投 入し、動画も送受信可能な第3世代携帯電話(3G)auの「CDMA2000 1 x」が伸びて、けん引役となった。2位はNTTドコモだった。ボーダフォン (旧J-フォン)は不振が続いている。

各社が10日発表した携帯電話の10月純増数は、KDDIが17万3900台、 ドコモが14万6000台、ボーダフォンは3万3200台だった。全体の純増数は35 万3100台で、各社の純増シェアはKDDIが49%、ドコモが41%、ボーダフ ォンは9%。

KDDIは3G携帯のCDMA2000 1xを核にauブランドが18万台以 上、伸びた。ツーカーの減少は続いているが、純増数はドコモを大きく上回っ た。CDMA2000 1xは45万7900台増の1066万1000台と3G分野で独走が 続いている。

KDDIの前出治彦・広報部課長は、10月に発売した「ナビゲーション機 能付きの東芝製携帯電話と(デザイン性を強調した)INFOBARの売れ行 きが好調だった」と述べた。

INFOBARは国内の携帯電話の大半が折り畳み式となっているのに対 し、折り畳めないスティックタイプで11ミリの薄型化を実現。通常プラスチッ ク製の本体フレームにマグネシウム合金を使ったり、入力キーをタイルを敷き 詰めるように配置するなど、シンプルだが目新しいデザインとなっている。

ドコモは3G携帯のFOMAが33万台以上伸び、FOMAは累計で133万 7000台に増加した。一方、FOMAへの切り替えで、従来のPDCシステムの 第2世代携帯電話の減少も大きく、4カ月ぶりに純増トップの座を明け渡した。

不振が続いているのはボーダフォン。純増数は連続で5万台を下回ってい る。携帯電話端末の品揃え、カメラの画素数といった性能や料金プランがドコ モやKDDIに比べて見劣りすることから、格差が広がっている。3G携帯の 「ボーダフォン・グローバル・スタンダード」は5600台増の8万8600台だっ た。

ボーダフォンのマシュウ・ニコルソン広報部主任は、純増数の低迷に対し て「年内にデータ通信料金の割引サービスを始めることも検討している。それ により解約率を下げたい」と語った。10月に新しい携帯電話1機種と2種類の 料金体系を導入し、事実上の値下げをしたが、効果が表れるには時間がかかる 見通し。

業界団体の電気通信事業者協会(TCA)によると、10月末の携帯電話契 約数は7894万7800台。前月比では0.4%増、前年同月比では9.0%増加した。

KDDIの株価終値は前週末比2万6000円(4.5%)安の54万7000円、 ドコモは同7000円(3.0%)安の22万6000円、日本テレコムホールディング スは1万1000円(3.4%)安の31万5000円。

                 【携帯電話の純増数と月末契約数】(10月)
     会社名(ブランド名)    純増数            月末契約数
      NTTドコモ       14万6000台増        4518万8000台
      KDDI           17万3900台増        1913万5500台
            (au       18万5900台増        1544万8400台)
            (ツーカー   1万2000台減         368万7100台)
      ボーダフォン       3万3200台増        1462万4300台
   ---------------------------------------------------------------
      合      計         35万3100台          7894万7800台

                 【各社の純増数推移】(*は純増数で首位)
               10月
ドコモ        146000
KDDI     *173900
ボーダフォン   33200
----------------------------------------------------------------------
              353100

               9月     8月     7月     6月     5月     4月
ドコモ       *180000  *190000  *311000   171000   116000   213000
KDDI      165800   186600   196100  *178600  *162100  *240100
ボーダフォン   26300    50200    74800   139300   132400   204800
----------------------------------------------------------------------
              372100   426800   581900   488900   410500   657900

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813) 3201-8841

関岡 智美 Tomomi Sekioka

鈴木 恭子 Kyoko Suzuki e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE