ソフトバンク孫社長:資金投下の「果実」享受-来期は黒字転換か(3)

ソフトバンクの孫正義社長は、これまでに投 下した資金の成果を享受し始めた。あおぞら銀行株式の売却で1000億円以上の 資金を手に入れ、子会社ヤフーは東証1部上場で含み益は拡大している。日本 株上昇にも助けられて出資企業の株価も軒並み上昇、ソフトバンクの時価総額 と株価は第2四半期(7-9月期)の3カ月間だけで2倍以上に拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。