カローラが2カ月連続首位、小型ミニバン健闘-10月新車販売(3)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が7 日発表した10月の国内新車販売ランキング(軽自動車を除く)によると、トヨ タ自動車の「カローラ」が2カ月連続でトップを維持した。2位はホンダの小型 車「フィット」で前月の4位から浮上したが、販売台数は首位のカローラととも に、前年同月と比べ30%超落ち込んだ。

前月2位だった日産自動車の小型車「キューブ」は3位に後退した。ただ、 今回ベストテン入りした車種のうち、今年発売したため前年との比較ができない トヨタのミニバン「ウイッシュ」と小型ミニバン「シエンタ」を除き唯一、キュ ーブは販売台数を伸ばし、前年同月比29%増の1万1772台だった。9月に発売 した派生車種で3列シートの小型ミニバン「キューブ・キュービック」が台数を 押し上げた。

キューブの販売台数のうち5073台がキューブ・キュービックで、月間販売 目標の3500台を上回って推移。同じく前月発売の「シエンタ」も5位に初登場。 9407台と月間販売目標の7000台を上回った。こうした小型ミニバンの健闘が見 られ、乗用車市場で存在感を示し始めた。

トヨタの電気モーターとガソリンエンジンを併用して走るハイブリッド車の 「プリウス」は、9月に約6年ぶりにフルモデルチェンジした新型車を発売して 以降、好調を維持。販売台数は3520台で、2カ月連続で前年同月と比べ6倍以 上となった。

ベストテンではトヨタが7車種と最も多く、日産自が2車種、ホンダが1車 種だった。また、5車種がミニバンだった。

                【10月の新車販売台数】
     〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「カローラ」      (トヨタ) 15337台(-33.1)
2.「フィット」       (ホンダ)  12526台(-38.6)
3.「キューブ」      (日産)  11772台(+28.8)
4.「ウイッシュ」     (トヨタ) 11686台   (--)
5.「シエンタ」     (トヨタ)   9407台   (--)
6.「アルファード」   (トヨタ)   7530台(-14.1)
7.「マーチ」         (日産)    7371台(-28.5)
8.「イスト」      (トヨタ)   7286台(-41.2)
9.「ノア」         (トヨタ)   6285台(-19.6)
10.「エスティマ」    (トヨタ)   6042台 (-1.9)

--*東京 白木 真紀 Maki Shiraki (813)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor: Hinoki

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE