米国株【個別銘柄】:シスコ、カルパイン、ギャップ、インターネット

6日の主な銘柄は以下の通り。

シスコシステムズ(CSCO):1.10ドル(5.1%)高の22.90ドル。ネッ トワーク機器最大手シスコシステムズの第1四半期(8-10月)決算は、純利 益が10億9000万ドルと、過去最高を記録した。一部項目を除いたベースの1株 利益は17セントとアナリストの予想平均を2セント上回った。売上高は前年同 期比5.3%増の51億ドルと、11四半期で最高だった。

T.ロウ・プライス・グループ(TROW):3.11ドル(7.7%)高の43.56 ドル。メリルリンチのアナリスト、ガイ・モスコウスキ氏は、投資信託会社のT. ロウ・プライス・グループが同業他社から顧客を獲得する可能性があると指摘し た。同社は投信不祥事をめぐる調査の対象になっておらず、運用成績も高いこと が理由。

カルパイン(CPN):40セント(7.8%)安の4.71ドル。エネルギー会社 のカルパインは合計10億ドル(約1100億円)相当の私募債を発行する計画を明 らかにした。調達資金は既存債務の返済に充てる。

コールズ(KSS):6日続落で1.90ドル(3.5%)安の52.30ドル。百貨 店チェーンのコールズの第3四半期(8-10月)利益は1株当たり35セントと、 調査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均の同42 セントを下回った。

ギャップ(GPS):1.57ドル(8.4%)高の20.28ドル。衣料小売りチェ ーン最大手ギャップは、第3四半期(8-10月)利益がアナリスト予想平均を 上回った。

インターネット関連株:航空券やホテル予約の競売サイトを運営するプライ スライン・ドット・コム(PCLN)や電子商取引会社のインタラクティブコー プ(IACI)が期待外れの業績見通しを示したことから、インターネット関連 株が続落した。プライスライン・ドット・コムは50セント(2.3%)安の21.16 ドル。インタラクティブコープは1.53ドル(4.5%)安の32.66ドル。eベイ(E BAY)は1.38ドル(2.4%)安の55.92ドル。アマゾン・ドット・コム(AM ZN)は1.75ドル(3.1%)安の54.99ドル。ヤフー(YHOO)は1.07ドル(2.4%) 安の42.97ドル。

タルボッツ(TLB):3.36ドル(10%)安の29.64ドル。衣料品小売りの タルボッツは、10月の既存店売上高が8.4%減少したと発表した。トムソン・フ ァイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均では1.4%増が見込まれていた。 同社によると、第4四半期(11-1月)利益は前年同期の1株当たり48セント を下回る見通し。アナリストは同55セントを予想していた。

ユナムプロビデント(UNM):1.11ドル(6.7%)安の15.38ドル。傷害 保険のユナムプロビデントは、第3四半期(7-9月)利益が1株当たり36セ ントと、前年同期の同47セントから減少した。

アクティビジョン(ATVI):ゲームソフトのアクティビジョンが通常取 引終了後に発表した第2四半期(7-9月)決算は赤字となった。新タイトルの リリース減少で売上高が前年同期に比べ31%減少した。通常取引終値は17セン ト(1.1%)安の14.96ドルだった。

ピクサー・アニメーション・スタジオ(PIXR):アニメ映画制作のピク サー・アニメーション・スタジオが通常取引終了後に発表した第3四半期(7- 9月)決算は、同四半期中に新作がなかったことから前年同期比72%減益とな った。1株利益は23セント(前年同期は87セント)。通常取引終値は20セント (0.3%)高の70.16ドルだった。

--*ニューヨーク Justin Baer 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita (81)(3) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE