出光興産社長:油槽所機能の早期再開を検討-北海道製油所事故で

出光興産の天坊昭彦社長は6日、都内本社で記者団 に対して、火災の影響で稼働を停止している北海道製油所(苫小牧市)の再稼働時期に ついて「損傷の状況や原因究明など見極めなければならず、いつ頃再開できるかは話せな い」との認識を示した。 一方、被害を受けてないタンクもあることから「油槽所の機能だけでも再開できな いか検討している」と語り、灯油などの製品在庫の出荷や、製品を船で受け入れて陸上 出荷を行うなどの出入荷を再開するため、消防など関係当局の認可を求める考えを示し た。 11、12月の製品供給については、新日本石油への精製委託や国内仕入れ、輸入など で「昨年並みの確保は出来る」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。