NY証取:リード暫定会長が理事8人を指名-現行27人から削減(2)

ニューヨーク証券取引所(NYSE)のジョ ン・リード暫定会長は5日、統治改革案の柱として、資産運用会社ステート・ ストリートや米銀大手J.P.モルガン・チェーズの元会長などで構成する理 事会メンバーを指名した。証券会社の出身者以外が理事会を構成するのは初め て。

理事は現行の27人から8人に減少する。留任するのは、マデレン・オルブ ライト前国務長官と年金運用会社TIAA-CREFのハーバート・アリソン 会長の2人のみ。

新たに就任する理事は、ステート・ストリートのマーシャル・カーター元 会長とJ.P.モルガンのデニス・ウェザーストーン元会長のほか、油田サー ビス最大手、米シュルンベルジェのユアン・ベアード元会長、モンサントのロ バート・シャピロ元最高経営責任者(CEO)、レンセラー・ポリテクニック・ インスティチュートのシャーリー・アン・ジャクソン社長、ロックフェラーの ジェームズ・マクドナルド社長兼CEO。

記者会見したリード会長は、新理事について、「強力かつ需要への対応能力 があり、統治をめぐる信用低下の再発防止に向け安心感を与える」と指摘、「N YSEにとって、自らだけでなく、公共の利益にかなう統治制度を設けるのは 大切なこと」と強調した。新理事は、企業統治や監督の責任を負うほか、市場 の運営・戦略を担う別組織メンバーを証券会社などから指名する。

リード会長の統治改革案をめぐっては、年金運用者などから不十分との批 判も出ている。米ノースカロライナ州財務局のリチャード・ムーア局長は、発 表内容に「失望した」とコメント、「提案は現行制度でもうけてきた会員会社 1400社に受け入れられるように作られたものと見受けられる」と批判した。同 氏は、理事の選出は「まだ限定的」とし、年金基金など投資家にも門戸を開く べきだと指摘している。

--*ニューヨーク Jed Horowitz ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata (81)(3) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Sakihama/Kobari

NI NYSE, NI EXC, NI NY, NI JBN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE