米国株時間外:プライスライン急落、10-12月期見通し低調で-先物下落

米株式市場時間外取引では、航空券やホテル 予約の競売サイトを運営するプライスライン・ドット・コムの下げが目立つ。 アナリスト予想を下回る第4四半期(10-12月)利益見通しが嫌気され、株価 は通常取引終値比で一時6.25ドル(21%)安の23ドルに売り込まれた。

プライスラインによると、第4四半期の1株利益は2-8セントになり、 調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめた11セントを下回る見込み。

バイオテクノロジーのエスペリオン・セラピューティクスは1.46ドル (8.3%)高の18.96ドル。実験中の心臓病治療薬が動脈硬化を改善させたとの 研究結果を発表した。

株価指数先物は下落。S&P500種株価指数先物(12月限)は0.40ポイン ト安の1051.90ポイント。ナスダック100種指数先物(同)は2.00ポイント安 の1428.50ポイント。ナスダック100種時間外指数は1.35ポイント安の1428.03 ポイント。

--*ニューヨーク Danielle Sessa 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo (81)(3)3201-7499 kshugo@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE