米ヘルスサウスの創立者スクルーシー氏、不正会計問題で起訴される

病院運営を手掛ける米ヘルスサウスの創立 者、リチャード・スクルーシー元経営最高責任者(CEO、51)は4日、総額 27億5000万ドルにおよぶ不正会計を企てたとして、司法当局から起訴された。 昨年7月に企業改革法(サーベンス・オクスレー法)が成立して以降、同法に基 づき起訴されるCEOは同氏が初めて。

ことし3月にCEOを解任されたスクルーシー氏は、1996年以降の利益水 増しやマネーロンダリング(資金洗浄)、財務諸表の偽造などの罪に問われてい る。この日公表された起訴内容によると、問われている罪は証券詐欺や郵便詐欺 など11項目におよぶ。検察当局は資産2億7900万ドルの差し押さえなどを要求 している。

スクルーシー氏の弁護士、ドナルド・ワトキンズ氏は、「スクルーシー氏の 無罪証明に向けて尽力する」と述べ、すべての起訴項目において無罪を主張する と述べた。

--*マンハッタン地裁 David Voreacos ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai (1) (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor: Sakihama

HLSH US <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE