, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

ドコモ初の営業減益、販売費増、KDDI2.6倍と最高益-中間期(2)

通信国内最大手のNTTドコモと同2位の KDDIの中間連結決算は、明暗が分かれた。本業の儲けを示す営業利益でド コモが前年同期比7.8%減と中間期としては営業開始以来初の減益になった一 方、KDDIの営業利益は2.6倍と急拡大、過去最高を更新した。動画も送受 信可能な第3世代携帯電話(3G)で先行したKDDIが利益を伸ばし、3G への移行期にあるドコモは不振だった。

30日東証で発表した9月中間連結決算によると、ドコモの営業利益は前年 同期比7.8%減の5901億円に減少した。中間期、通期で営業減益になったのは 1992年7月の営業開始以来初。連結売上高は同6.4%増の2兆5359億円と増収 を確保したが、新規の携帯電話を販売する際に発生する販売奨励金が膨らみ、 利益を圧迫した。

営業費用は12%増の1兆9458億円に増加、うち販売奨励金を含む物件費は 17%増の1兆2496億円に増加した。記者会見した立川敬二社長は「端末買い替 え需要を取ろうとして意図的に販売にコストをかけた」と奨励金増加を説明し た。営業利益は前期の下期も減益になっており、2半期連続の減益。

中間期の携帯端末の純増数は118万1000台だった。1契約当たりの平均月 間収入(ARPU)は、現在主流のPDC方式のサービスが1.2%減の8060円、 3G携帯「FOMA(フォーマ)」は同35%増の1万120円だった。

中間連結純利益は3564億円に拡大した。前年の中間純利益は巨額の海外投 資損失計上から41億7000万円に急減していた。

2004年3月期通期の連結純利益は、前期比2.9倍の6210億円と従来予想(5 月発表の6180億円)を小幅上方修正した。ブルームバーグ・ニュースが事前に 調査したアナリストの中央値は6330億円だった。通期の営業利益は3.1%増の 1兆900億円と従来予想通り増益を見込んでいる。

FOMAの通期販売については、当初計画の146万台の販売を200万台に 上方修正した。

KDDI、中間営業益2.6倍、利益項目すべて過去最高

KDDIの中間営業利益は、前年同期比2.6倍の1582億円に増加した。こ のほか経常利益は3.5倍、純利益は4.2倍といずれも中間期としての過去最高 を更新した。

3G携帯でauブランドの「CDMA2000 1x」の販売が好調なうえ、A RPUも安定していることで利益拡大が続いている。au端末は中間期で121 万4000台増加、純増数とシェアでNTTドコモを抑えた。またARPUは7510 円と前年同期比で1.3%減少したが、7000円台で落ち着いてきている。

au事業の営業利益は1289億円と前年同期の10倍に拡大、全体の利益を 押し上げた。連結売上高は0.5%減の1兆3866億円だった。KDDIは7日に 中間純利益が前年同期比4.1倍の830億円になったもようと発表していた。

2004年3月期通期の連結純利益については、前期比66%増の950億円と7 日に発表した予想を据え置いた。通期の累計契約数は1655万(従来予想は1590 万)、ARPUも7320円(同7140円)に上方修正した。ARPUについて小野 寺正社長は「もう少し上に行くかもしれない」と述べており、利益予想も上振 れする可能性がある。

上期に859億円の利益を上げて通期に950億円を予想しているのは、通信 速度を上げた「EV-DO」(WIN)や光ファイバーによる新サービスを下期 に開始することで「下期に経費がかさむ」(小野寺社長)とみているのが背景。

通期の営業利益は前期比81%増の2550億円を予想し、従来予想(2160億 円)を上方修正した。

佐分博信・UFJつばさ証券アナリストは、ドコモとKDDIの目先の注 目点について「ボーナス商戦において魅力的な端末を出せるかどうか、サービ スや料金で顧客にアピールできるかどうか」と指摘した。

そのうえで、端末価格が低く、EV-DOサービスも開始するKDDIが 戦いを有利に進められると予測した。ドコモは3G携帯電話「FOMA(フォ ーマ)」への移行期にあることから、目先は苦戦すると読んでいる。株価につい ては、ドコモ株が割安感の出る水準まで下がったとして下落余地は少ないと予 想した。KDDI株には一段の上昇余地をみている。

株価終値は、NTTドコモが前日比4000円(1.7%)安の23万7000円、 KDDIは同6000円(1.0%)高の62万8000円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841

大久保 義人 Yoshito Okubo

鈴木 恭子 Kyoko Suzuki

吉田 尚史 Naofumi Yoshida e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE