, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ドコモ:中間純利益3564億円、営業利益7.8%減-通期利益を上方修正

通信国内最大手NTTドコモの連結中間純利益は 3564億円に急拡大した。携帯電話の新規加入者が順調に伸びたうえ、1契約当たりの平 均月間収入(ARPU)も堅調だった。前年の中間純利益は巨額の海外投資損失計上か ら41億7000万円に急減していた。

30日東証で発表した9月中間決算によると、中間連結営業利益は前年同期比7.8% 減の5901億円だった。中間期が営業減益になったのは1998年10月の東証上場以来初め て。端末販売に際する奨励金が膨らんで利益を圧迫した。

2004年3月期通期の連結純利益については、6210億円と従来予想(5月発表の6180 億円)を上方修正した。ブルームバーグ・ニュースが事前に調査したアナリストの中央 値は6330億円だった。

NTTドコモの株価終値は、前日比4000円(1.7%)安の23万6000円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841

鈴木 恭子 Kyoko Suzuki

e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE