, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

ソフインベ:ワールド日栄を買収、80億円弱で-ソフフロ証と統合(3)

ベンチャーキャピタル大手でソフトバンク子 会社のソフトバンク・インベストメントは、野村証券系のワールド日栄証券を 総額80億円弱で買収し、傘下のソフトバンク・フロンティア証券と合併させる。 ワールド日栄の全国規模の営業網を取得、投資銀行や資産管理、証券取引仲介 の各事業を強化して富裕層を対象に資産運用を受託するプライベートバンキン グ業務の展開を図る。

東証で発表した資料によると、ソフインベは、野村土地建物と野村総合研 究所からワールド日栄の株式1671万4000株(発行済み株式の33.3%)を15日 付で取得する。その後ワールド日栄証は第三者割当増資2700万株を1株150円 でソフインベに29日付で発行する。

これによりソフインベはワールド日栄証の株式56.6%を取得して子会社化 する。記者会見したソフインベの北尾吉孝・代表取締役は、株式取得額が38億 円程度であることを明らかにした。増資の引き受け額は40億5000万円で、ワ ールド日栄の買収総額は80億円弱になる。

そのうえでソフインベは、子会社ソフフロ証とワールド日栄を2004年2月 2日めどに合併させる。ワールド日栄が存続会社でソフフロ証は解散する。合 併比率は未定だが、ソフインベは合併新会社の過半数の株式を取得する。

この合併によりソフフロ証は大証ヘラクレス(旧ナスダック)上場が2004 年1月27日に取り消される。合併新会社は大証ヘラクレスに上場を申請、2月 2日に上場する予定。この間、4日間は株式の取引が出来なくなる。

ソフインベの北尾代表取締役は会見で、株式取得の可能性をめぐり複数の 証券会社と接触、「われわれがほしい販売力はワールド日栄が秀逸だった」と説 明した。さらに自身が野村証出身でもあったことから、ワールド日栄を傘下に 収めることにしたと述べるとともに、「販売力増加を背景に、投資銀行、資産運 用、取引委託といった証券事業を強化する」との方針を明らかにした。

ソフフロ証とワールド日栄は、顧客層や営業手法、提供商品が異なること から相乗効果は大きいという。また、北尾代表取締役は今後の買収戦略につい て「いくつかの証券会社を検討しており、2カ月内には決着を付けたい」とし て、さらなる案件に意欲を示した。

株価終値は、ソフインベがストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)となる 前日比3万円(16%)高の21万9000円、ソフフロ証もストップ高となる同2 万円(16%)高の14万5000円。ソフトバンクは150円(3.0%)高の5210円。

東京 鈴木 恭子 Kyoko Suzuki

上野 英治郎 Eijiro Ueno --*(81)(3)3201-8868 ksuzuki3@bloomberg.net Editor:Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE