, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

KDDI株は小幅高:au好調で業績上方修正-さらに上振れの見方も

移動体通信国内2位のKDDIの株価が小幅 ながら上昇、一時前日比で2%弱高くなった。携帯電話auが好調で通期連結 純利益の予想を34%上方修正すると前日に発表した。さらに上振れの余地があ るとの見方もあり、投資家の買い注文が先行している。

株価は一時前日比で1万2000円(1.9%)高の65万7000円まで上昇した。 今年最高値(67万円、8月21日)に接近している。午前9時8分現在で同6000 円(0.9%)高の65万1000円で取引が進んでいる。売買代金は44億円と東証 1部4位。

KDDIは7日、2004年3月期通期の連結純利益の予想を950億円(従来 予想は710億円)に上方修正した。前期比では66%増。動画も送受信可能な第 3世代携帯電話(3G)auが予想以上に伸びたのが主因。

これを受けてKDDI株には取引開始から買い注文が優勢になっている。 UFJつばさ証券の佐分博信アナリストは、KDDI業績修正について、「予想 通りであり、会社予想も依然控えめ」と分析、一段の業績上方修正の余地は残 されていると指摘した。

佐分氏は、目標株価を84万2000円として、ポジティブサプライズ(前向 きな驚き)は出尽くしていないと強調した。KDDIが業績上方修正を発表し たのは前日の取引終了後だったが、株価は前日に3万6000円(5.9%)高の64 万5000円に上昇していた。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (81)(3)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE