, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

訂正:携帯9月純増:ドコモ首位、FOMA伸びる-ボーダフォン不振

携帯電話契約数の9月の純増数は、移動体通 信国内トップのNTTドコモが3カ月連続で首位を堅持した。動画も送受信可 能な第3世代携帯電話(3G)「FOMA(フォーマ)」が伸び、けん引役とな った。2位はKDDI。ボーダフォン(旧J-フォン)は不振が続いている。

各社が7日発表した携帯電話の9月純増数は、ドコモが18万台ちょうど、 KDDIは16万5800台、ボーダフォンは2万6300台だった。ドコモはFOM Aが21万台以上伸び、第2世代携帯電話は逆に3万台以上減少した。

KDDIは、第3世代携帯電話auの「CDMA2000 1x」が伸びたが、 3カ月連続でドコモに届かなかった。

不振だったのはボーダフォン。純増数の減少は鮮明で、ドコモとKDDI に大きく水を空けられた。ボーダフォンは「社名変更に伴う10月からの新サー ビス導入への端境期にあたり、新機種発売もなかったことから純増数が低迷し た」(古谷勝英・広報部主任)と説明している。

業界団体の電気通信事業者協会(TCA)によると、9月末の携帯電話契 約数は7859万4700台。前月比では0.5%増、前年同月比では9.0%増加した。

                 【携帯電話の純増数と月末契約数】(9月)
     会社名(ブランド名)    純増数            月末契約数
      NTTドコモ       18万0000台増        4504万2000台
      KDDI           16万5800台増        1896万1600台
            (au       17万8200台増        1526万2500台)
            (ツーカー   1万2400台減         369万9100台)
      ボーダフォン       2万6300台増        1459万1100台
   ---------------------------------------------------------------
      合      計         37万2100台          7859万4700台

              【各社の上期の純増数推移】(*は純増数で首位)
               9月     8月     7月     6月     5月     4月
ドコモ       *180000  *190000  *311000   171000   116000   213000
KDDI      165800   186600   196100  *178600  *162100  *240100
ボーダフォン   26300    50200    74800   139300   132400   204800
----------------------------------------------------------------------
              372100   426800   581900   488900   410500   657900

各社の株価終値は、ドコモが前日比7000円(2.5%)高の29万1000円、 KDDIが同3万6000円(5.9%)高の64万5000円、英ボーダフォン子会社 で日本のボーダフォンを持つ日本テレコムホールディングスは1000円(0.3%) 安の36万3000円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE