, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

米国株【個別銘柄】:リリー、ラブランシェ、三菱東京、スリーコム

1日の主な銘柄は以下の通り。

クリストファー・アンド・バンクス(CBK):2.27ドル(9.5%)高の

26.13ドル。ブリーン・マレー・セキュリティーズのアナリストは、婦人物衣料 小売り、クリストファー・アンド・バンクスの9月の売上高が3%増と、従来予 想の横ばいまたは微増を上回ったと指摘。投資判断を「買い」から「強い買い推 奨」に引き上げた。

ICGコミュニケーションズ(ICGC):1.33ドル(19%)高の8.33 ドル。光通信ネットワーク運営のICGコミュニケーションズは、契約打ち切り でクエスト・コミュニケーションズ・インターナショナルから1億700万ドル (約120億円)の支払いを受けることで合意したと発表した。この資金の大半は 担保付き債務の圧縮に充てるとしている。

シラス・ロジック(CRUS):59セント (11%)高の6.11ドル。集積 回路(IC)メーカーのシラス・ロジックは、第2四半期(7-9月)の売上高 が5000万ドルと、従来予想の4500万-5000万ドル以上になったと発表した。 オーディオやビデオ製品の需要が伸びたうえ、特許関連訴訟が和解したことが背 景。

イーライ・リリー(LLY):3.61ドル(6.1%)高の63.01ドル。製薬大 手イーライ・リリーは、新たな臨床試験を実施せずに米食品医薬品局(FDA) から抗うつ剤「Cymbalta」の承認を得られる見通しを明らかにした。

ラブランシェ(LAB):1.23ドル(8.4%)安の13.37ドル。ニューヨー ク証券取引所(NYSE)のスペシャリスト(値付け業者)最大手のラブランシ ェは、第3四半期(7-9月)の1株利益が3-5セント前後にとどまると発表 した。自己勘定のトレーディング低迷が主因。調査会社トムソン・ファイナンシ ャルがまとめたアナリスト予想平均は17セントだった。

三菱東京フィナンシャル・グループ(MTF):米国預託証券(ADR、1 ADRは普通株1000株に相当)は1.08ドル(17%)高の7.52ドル。アナリス トの間では、日本の景気回復が国内銀行の収益を押し上げ、投資家による銀行株 の保有拡大を促すとの見方が出ている。

シーベル・システムズ(SEBL):64セント(6.6%)高の10.40ドル。 JPMセキュリティーズのアナリストは、企業向けソフトのシーベル・システム ズの投資判断を「マーケット・アンダーパフォーム」から「マーケット・パフォ ーム」に引き上げた。第4四半期(10-12月)の情報技術(IT)投資増加の 恩恵を受ける可能性が高いとしている。ただ、同社の長期見通しについては依然 として慎重とした。

スリーコム(COMS):54セント(9.1%)高の6.45ドル。ネットワー ク機器メーカー、スリーコムは、同業のシスコシステムズ(CSCO)が中国の 通信インフラメーカー大手の華為技術有限公司を特許侵害で訴えていた裁判で、 両社が裁判の停止で合意したことを手がかりに上昇。スリーコムは、華為技術と 合弁事業を展開しており、訴訟で同社を支援していた。

ニューヨーク Ed Leefeldt 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --*(81)(3) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE