ジャパンエナジー:10-12月期の原油処理計画は前年同期比2%減

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエ ナジーは29日、10-12月期の原油処理計画を前年同期比2%減の685万キロリ ットルにすることを明らかにした。ガソリンは前年同期並みの生産を見込んでいる が、中間留分や重油需要が落ち込むため。7-9月期の原油処理実績は前年同期比 1%減の640万キロリットルとなる見通し。総務・人事部広報担当課長の木下亮 氏が同日、語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。