出光興副社長:安全への取り組みにぬかりや甘さあった-製油所火災

出光興産の遠山壽一副社長は29日午後、都 内で記者会見し、26日の北海道・十勝沖地震の影響で起きた同社北海道製油所 (苫小牧市)の原油タンク火災に引き続き、28日にはナフサタンクで火災が発生 したことを受けて、「安全への取り組みにぬかりや甘さがあったと反省しなければ ならない」と語り、鎮火に全力で取り組むとともに早期の原因究明を行い、安全体 制の見直しを行う方針を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。