新日石:10月の原油処理計画は1%減、卸価格は前月比据え置き(2)

新日本石油は26日、10月の原油処理計画を前年同 月比1%減の443万キロリットルにすると発表した。また、ガソリンなど石油製品の卸 価格を前月比で据え置く。

新日石子会社の新日本石油精製の製油所検査での虚偽報告に関連して、麻里布製油 所 (山口県)の稼働を8月から停止しているが、再稼働時期は「全く未定」(津田直和常 務)という。ただ、昨年10月は新日石グループの2製油所で定期修理を実施していた ため、10月の原油処理計画は前年同月比では1%の落ち込みにとどまった。

9月の原油処理計画は前年同月比15%減の413万キロリットルとなる見通し。ボイ ラー点検のため仙台製油所(宮城県)の稼働を23日から30日まで停止する。

きょう午前、地震の影響によって出光興産の北海道製油所で火災が発生し、同製油 所は稼働を停止した。これを受けて新日石の津田常務は、出光から石油製品の供給要請 を受け、新日石では3日分の製品供給を実施する見通しを明らかにした。

新日石の株価は前日比8円(1.6%)安の501円(午後2時50分現在)。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki

ジュリー・テイ Julie Tay --*(8)(31)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE