厚労省:コンビニなどで扱える医薬品の範囲を検討へ-11月中に結論

厚生労働省は26日、コンビニエンスストア などの一般小売店で販売できる医薬品の範囲を決めるため、薬学の専門家を集め て検討会を開催する。総合規制改革の一環として、医薬品の販売規制緩和が今年 6月27日の閣議で既に決まっているため、今年11月中に結論をまとめる計画だ。

東京 鷺池秀樹 Hideki Sagiike --* (81)(3)3201-8293 hsagiike@bloomberg.net Editor:Murotani

企業別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE