コスモ石油など石油株が下落、OPEC減産と配当取りの一巡で

石油株が下落。石油輸出国機構(OPEC)総会 で生産枠の減産を決めたことで、原油価格の上昇による石油各社のコスト負担増懸念が 高まった。また、この日は配当の権利落ち日であるため、配当狙いの買いも一巡したこ とが株価下落を後押しした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。