兼松の菅氏:原油価格は25ドルを維持-OPECでの減産合意を受け

このほどウィーンで開催された石油輸出国機構(O PEC)総会で、日量90万バレルの減産で合意したことを受けて、兼松・エネルギー部 の菅栄治副部長は25日、「予想外の減産を受けてOPECバスケット価格(主要7油種 の平均価格)は短期的には1バレル当たり25ドルを維持する」との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。