米デュポン:表面が液晶、裏面が有機ELの携帯電話向け画面を開発

米デュポンは液晶と有機EL(電子蛍光)の画 面を表裏に配して1枚にし、携帯電話などに組み込みやすくした製品を開発した。中国 の携帯電話メーカーや、台湾の液晶パネルメーカーなどから引き合いがあり、早ければ 来年初めにも商品化する。デュポンのアジア太平洋地域ディスプレイ製品事業部の市川 明宏開発部長が24日、都内で開催した説明会で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。