石油連盟の渡会長:為替の乱高下は望まず、過度の円高に景気回復懸念

石油連盟の渡文明会長(新日本石油社長)は22日 の定例会見で、急激な円高・ドル安が進んでいる為替相場について「円高は原油輸入コス トが下がるのでいいが、業界として乱高下によって過去に苦労した歴史がある」として、 安定化を望むとの見解を示した。そのうえで、輸出主導によってデフレ克服を目指す日 本経済にとって「あまりの円高は水を差す」と、過度の円高進行に対して懸念を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。