大手自動車株が続落、円高を嫌気-ホンダは一時5%下落(2)

海外売上高比率の高い大手自動車株が続落。 為替相場が一時1ドル=114円台まで進み、円高傾向を嫌気した売りが出た。ホ ンダが一時5%下落したほか、トヨタ自動車、日産自動車も約3%下げる場面が 見られた。自動車株はこれまで米国販売の好調を受けて買われていた向きが強く、 円高による収益悪化が懸念されたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。