ドコモ:第3世代携帯に軸足移行、次期FOMA端末で-競争激化(2)

移動体通信国内首位のNTTドコモは携帯 電話事業の軸足を、動画も送受信可能な第3世代携帯電話(3G)に本格的に 移行する。現行世代の携帯電話は通信速度に限界があり、次期3G端末FOM A(フォーマ)をドコモの主力機種と位置付ける。KDDIが先行している3 G分野はドコモの本格的な参入で競争が一段と激しくなる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。