米経済ダイジェスト:ベスト・バイ、ナショナル・セミコン、TIなど

米金融経済、企業動向に関する主なニュー スは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎ベスト・バイの6-8月期:2倍以上の増益-新学期セールなどが貢献

米家電小売り最大手のベスト・バイが17日発表した第2四半期(6-8 月)決算は、純利益が1億3900万ドル(1株当たり42セント)と、前年同期 に比べ2倍以上だった。4年ぶりの大幅な伸び。新学期前のパソコン販売や、 費用の減少が寄与した。売上高は同17%増の54億ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎サーキット・シティの6-8月期:赤字拡大-売り上げ減少で

米家電小売り2位のサーキット・シティ・ストアーズが17日発表した第2 四半期(6-8月)決算は、純損失が1億2420万ドル(1株当たり60セン ト)と、前年同期に比べ赤字幅が拡大した。売り上げが4四半期連続で減少し たことや、銀行カード事業売却に伴う費用を計上したことが響いた。売上高は 同2.9%減の21億6000万ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎ナショナル・セミコンCEO:一部のIT製品需要は拡大-CNBC

米半導体大手ナショナル・セミコンダクターのブライアン・ハラ最高経営 責任者(CEO)は17日、米経済ニュース局CNBCに対し、一部のIT(情 報技術)製品に対する需要は拡大しているとの認識を示した。

----------------------------------------------------------------------- ◎アクセンチュア:6-8月期は増益-適用税率低下や費用減少で

AT&Tなどを顧客に持つ米情報処理大手のアクセンチュアが17日発表し た第4四半期(6-8月)決算の暫定集計は、前年同期比で増益だった。適用 税率の低下や、幹部向けボーナス費用の減少が貢献した。1株当たり利益は約 25セント。前年同期は8セント。

----------------------------------------------------------------------- ◎デュポン:今年通期の1株利益は同社予想の下限付近に-売り上げ振るわず

米化学2位デュポンのゲリー・ファイファー最高財務責任者(CFO)は 17日、同社のことし通期の1株利益が1.66ドルと、同社予想レンジ(同1.60 -2.10ドル)の下限付近にとどまる見通しであることを明らかにした。7、8 月の売り上げが振るわなかったのが主な理由。

----------------------------------------------------------------------- ◎スプリント、2006年までに年間1200億円の経費節減へ-事業再編成で

米長距離通信3位のスプリントは17日、同社の事業を2グループに再編成 する計画によって、2006年までに年間10億ドル(約1200億円)の経費節減に つながる見通しであることを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎ロードウェイの7-9月期:赤字決算、身売り関連費用で

トラック輸送米最大手のロードウェイが17日発表した第3四半期(7-9 月、9月13日締め)決算は、純損益が1株当たり16-21セントの赤字だった。 同業のイエローへの身売りに関連した費用(同約88セント)計上が響いた。

----------------------------------------------------------------------- ◎リバティ・メディア、QVCの完全子会社化を完了-総額9000億円

メディア界の有力者ジョン・マローン氏が経営するメディア・投資会社、 米リバティ・メディアは17日、通販チャンネル大手の米QVCの未保有株式 57%を総額76億8000万ドル(約9000億円)で取得し、完全子会社化する計画 を完了したことを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎テキサス・インスツルメンツCEO:世界半導体売上高は予想以上に

携帯電話用半導体メーカー大手の米テキサス・インスツルメンツ(TI) のトム・エンジバス最高経営責任者(CEO)は17日、エレクトロニクス製品 に対する需要を支えに、世界の半導体売上高はアナリスト予想を上回る伸びを 示すとの見通しを明らかにした。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (81)(3) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE