米国株【個別銘柄】:たばこ、デュポン、石油、サーキットシティ(2)

17日の主な銘柄は以下の通り。

アルトリア・グループ(MO):4.19ドル(10%)高の44.65ドル。米イリ ノイ州の最高裁判所はアルトリア・グループ傘下のたばこ大手フィリップ・モリ スUSAの上訴保証金を68億ドル(約7900億円)に減額することを認めた。同 社は「ライト」と銘打ったたばこの健康被害をめぐり101億ドルの賠償支払いを 命じられている。

R.J.レイノルズ・タバコ・ホールディングス(RJR):4.67ドル(14%) 高の38.86ドル。たばこ大手のR.J.レイノルズ・タバコ・ホールディングス は、全従業員の40%に相当する2600人の常用雇用者を削減すると発表した。2005 年末までに10億ドルの経費削減を目指す。

他のたばこ株もつれ高。カロリナ・グループ(CG)は1.27ドル(5.7%) 高の23.76ドル。ロウズ(LTR)は1.36ドル(3.3%)高の42.48ドル。

デュポン(DD):1.50ドル(3.4%)安の42.47ドル。化学大手のデュポ ンは、2003年の利益が1株当たり約1.60ドルと、同社予想の下限にとどまると の見通しを示した。

フィニーサー(FNSR):50セント(23%)高の2.70ドル。光ファイバ ー機器メーカーのフィニーサーは、ネットワーク機器大手のシスコシステムズ (CSCO)の納入業者として賞を受けた。同社は新製品も発表した。

イントロジェン・セラピューティクス(INGN):1.96ドル(23%)高の

10.66ドル。遺伝子治療薬開発・製造のイントロジェン・セラピューティクスは、 同社のがん治療薬「Advexin」が米食品医薬品局(FDA)の優先審査の 対象となった。

エクソン・モービル(XOM):87セント(2.3%)安の36.84ドル。米エ ネルギー省(DOE)が発表した米石油統計で、先週の原油在庫が増加したこと を受け、原油相場が4カ月ぶり安値に続落したことを背景に、エネルギー株が下 落した。石油精製のコノコフィリップス(COP)は1.02ドル(1.8%)安の

55.82ドル。

サーキット・シティ・ストアーズ(CC):23セント(2.1%)安の10.97 ドル。家電小売りのサーキット・シティ・ストアーズは、第2四半期(6-8月) の既存店売上高が前年同期比5%減となった。一部経費を除いた同四半期損失は 市場予想を上回った。

バイエル(BAY):製薬大手の独バイエルは、同社の高脂血症治療薬「バ イコール」をめぐる訴訟で米裁判所が集団訴訟の認定を退けた。決定は通常取引 終了後に明らかになった。バイエルのADR(1株に相当)の通常取引終値は 26セント(1.2%)安の22.30ドル。

SBCコミュニケーションズ(SBC):米地域電話大手のSBCコミュニ ケーションズは、米ミシガン州で長距離電話サービスを行う認可を米連邦当局か ら得た。決定は通常取引終了後に明らかになった。通常取引終値は8セント (0.3%)高の23.49ドル。

プリンストン Laure Edwards ニューヨーク Danielle Sessa 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net   Editor:Kakuta/Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE