米RJレイノルズ:従業員40%相当を削減へ-費用節減10億ドル

米たばこ2位のR.J.レイノルズ・タバ コ・ホールディングスは17日、従業員の40%に相当する2600人を削減する計 画を明らかにした。同社は、主力ブランド「キャメル」や「セーラム」に注力し、 生き残りを図る。

同社は、この人員削減により2005年末にかけて10億ドル(約1165億円) の費用節減を見込んでいる。人員削減関連費用は2億500万ドルで、第3四半期 に計上される。

喫煙者が廉価製品に乗り換えたことや、ライバルのフィリップ・モリスU SAとの販売競争を背景に、R.J.レイノルズの第2四半期(4-6月)決 算は前年同期比で減収減益となった。

シャーロット(ノースカロライナ州) Chris Burritt ロンドン 大河内 啓子 Keiko OKOCHI 吉崎美帆 Miho Yoshizaki --* (44-20) 7300-7289 kokochi@bloomberg.net Editor:Sakihama/Yamahiro

RJR US <Equity> MO US <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE