出光の細川海外部長:OPEC生産枠据え置きへ、イラク動向に注目

出光興産の細川強・執行役員海外部長は17日、24 日にウィーンで開催される石油輸出国機構(OPEC)総会の見通しについて、需給バ ランスが均衡していることや、原油価格が高値圏で推移していることなどから、現行の 生産枠(日量2540万バレル)を据え置くとの見通しを示した。また、イラクの原油生産 回復に伴うOPEC内での生産枠の振り分けなどの対応が今後の注目点と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。