【個別銘柄】:日産ディ、ドコモ、キヤノン、ソフバンク、損保株

主な売買銘柄の終値は次の通り。

楽天(4755):3万円(9.5%)高の34万5000円。一時前日比16%高の 36万5000円とストップ高まで買い進まれ、年初来高値を更新した。ヤフーな どネット関連の値がさ主力株が買い進まれており、その流れに乗った格好。

日産ディーゼル工業(7210):前日比28円(13%)高の245円。みずほコ ーポレート銀行などの取引銀行が総額約1000億円の金融支援を実施するとの一 部報道を受けて、財務基盤が安定するとの期待が強まった。

NTTドコモ(9437):1万1000円(3.8%)高の30万2000円。相場全 体につれて午後の取引開始直後から一段高となり、一時は前日比1万7000円 (5.8%)高の30万8000円をつけた。30万円の大台回復は今月初め以来、約 2週間ぶり。

有線ブロードネットワークス(USEN、4842):6600円(8.9%)高の 8万500円と大幅高。衛星デジタル多チャンネル放送「スカイパーフェクT V!」を運営するスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー)と 映像配信事業で提携したとの発表を受け、今後の業績への寄与期待が高まった。

キヤノン(7751):150円(2.5%)高の6110円。一時6210円まで上げ、 上場来高値を更新。米国景気の浮揚期待が広がり、日経平均株価が1万1000円 台を回復するなか、ハイテク銘柄の代表格として好業績期待と割安感から国内 外の機関投資家の買いを集めた。

ソフトバンク(9984)、ヤフー(4689):ソフトバンクが50円(1.1%) 高の4710円、ヤフーが11万円(4.5%)高の254万円と、連日で今年に入って の最高値を更新した。収益を評価する証券リポートなどで株価水準が切り上が るなか、中間期末を控えて売り方の買い戻しが優勢になっている。

ビジネスバンクコンサルティング(3719):ジャスダックにダッチ方式で 新規上場した。初値は1200円となり公募価格1000円を20%上回った。上場に 伴い35万株の公募と39万7500株(含むオーバーアロットメント)を実施。初 日の売買高は22万6900株と公開株数の30%になった。

大手損保株:大手損害保険会社の株価が高くなった。最近の大手銀行グル ープ株の上昇を受けた循環物色の一環で、海外投資家からの買いが入っている もよう。株式市場全体の上昇で、損保の保有株式の含み益が拡大しているとの 期待もあるようだ。ミレアホールディングス(8766)が14万円(11%)高の 138万円、三井住友海上火災保険(8752)が42円(5.3%)高の828円、損害 保険ジャパン(8755)が62円(8.1%)高の830円。

テクノメディカ(6678):ジャスダックにダッチ方式で新規上場した。初 値は70万円と公募価格53万円を32%上回った。同社は公募と売り出しを1200 株ずつ行っており、上場初日の売買高は952株と公開株数の40%になった。

ダイエー(8263):1円(0.4%)安の238円と3営業日ぶりに反落。福岡 事業の入札が進むなかで、候補先企業が共同で買収に乗り出すと報じられたこ とが好感され、一時、16円(6.7%)高の255円と、2002年1月以来、1年8 カ月ぶりの高値を付けた。ただ、短期間の上昇で値上がり益を確保する売りな ども多く、取引終了にかけて小幅安に転じた。

東京 桜井 勉 Tsutomu Sakurai --*(81)(3)3201-3556 tsakurai1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

有線ブロードネットワークス 4842 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE