中国の上海宏力半導体製造:2005年までにIPOで30億ドルを調達へ

江沢民・前中国国家主席の息子が4月に設 立した中国の半導体ファウンドリー(受託生産)、上海宏力半導体製造(GSM C)は16日、生産拡大のため、2005年上期(1-6月)までに、新規株式公開 (IPO)を通じて約30億ドル(約3515億円)を調達する計画を明らかにし た。GSMCは、日本の沖電気工業などと技術提携している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。