米国株【個別銘柄】(12日):オラクル、アルミ株、ジャナス

12日の主な銘柄は以下の通り。

コバッド・コミュニケーションズ・グループ(COVD):10.9ドル(27%) 高の5.18ドル。ニーダムのアナリスト、ビク・グローバー氏は、高速インター ネット接続のコバッド・コミュニケーションズ・グループに対し、新規に「強 い買い」の投資判断を下した。

シカモア・ネットワークス(SCMR):1.07ドル(26%)高の5.20ドル。 リーマン・ブラザーズのアナリスト、ティム・ルーク氏は調査報告で、光ファ イバー機器メーカーのシカモア・ネットワークスは米国政府の高速データ網契 約(9億ドル規模、約1050億円)で一部受注を獲得したと指摘した。

アクティビジョン(ATVI):77セント(5.8%)安の12.53ドル。US バンコープ・パイパー・ジャフレーのアナリスト、アンソニー・ギカス氏は、 ゲームソフトのアクティビジョンは、製品の値上げができず、売り上げ増が困 難な状況にあると指摘し、投資判断を「アウトパフォーム」から「マーケット パフォーム」に引き下げた。

アルキャン(AL):3.82ドル(10%)高の38.47ドル。欧州のアルミ生産 大手、仏ペシネー(PEC FP)は、同業のカナダのアルキャンからの約40 億ユーロ(約5300億円)の買収提案を受け入れた。アルキャンはアルミ売上高 で世界最大となる。ペシネーによると、現金と株式による同社株1株当たりの 買収価格は最大48.5ユーロ。

同業のアルコア(AA)、センチュリー・アルミニウム(CENX)もつれ 高。

インターボイス(INTV):67セント(8.7%)高の8.40ドル。ボイスメ ール機器メーカーのインターボイスは第2四半期(6-8月)の売上高が最大 4250万ドルとの暫定集計を発表した。同社は6月時点で、3500万-4000万ドル の売上高を見込んでいた。

ジャナス・キャピタル・グループ(JNS):1.38ドル(8.7%)安の14.50 ドル。メリルリンチのアナリスト、ガイ・モスズコウスキ氏は、投資信託運用 会社ジャナス・キャピタル・グループの投資判断を「買い」から「中立」に引 き下げた。同氏は調査リポートで、ニューヨーク州のエリオット・スピッツァ ー司法長官が、ジャナスなどの投資信託会社と特定顧客の癒着による不正な投 信売買を調査している問題で、調査拡大が投資家の投信解約などにつながり、 業績拡大が難しくなると指摘した。

ラティス・セミコンダクター(LSCC):56セント(6.2%)安の8.53ド ル。プログラマブル論理回路(PLD)メーカーのラティス・セミコンダクタ ーは第3四半期(7-9月)の売上高は5100万-5300万ドルとの見通しを示し た。これは、調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想 平均の5380万ドルを下回る。

オラクル(ORCL):43セント(3.3%)安の12.55ドル。データベース ソフト最大手の米オラクルの第1四半期(6-8月)売上高は20億7000万ド ルとなり、トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均の21億 4000万ドルに届かなかった。

同業のシーベル・システムズ(SEBL)も32セント(3%)安の10.24 ドル。

プリンストン Laure Edwards 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(81)(3) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Ozawa

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE