テロ関連制裁めぐる銀行の罰金、額の低さに規制の困難さが浮き彫りに

ブッシュ米大統領がテロとの戦いを宣言し て以来、現在までに少なくとも12の銀行が、テロ関連の制裁をめぐり罰金を支 払っている。その総額は8万8000ドル(約1000万円)余り。

ニューヨークに拠点を置く非政府組織アメリカン・センター・フォー・デ モクラシーのディレクター、レーチェル・エレンフェルド氏は「大統領はテロ 組織への資金を断とうとしているが、銀行業界の協力が得られない」と話す。「銀 行は、大きな罰を受けることはないと知っている」ためだという。

米財務省が4月に公表を開始した資料によると、金融サービス最大手の米 シティグループは、米政府が指定しているテロリストの「資産の取り扱い」を 理由に罰金2925ドルを支払っている。

世界第2位の銀行、英HSBCはリビアへの制裁に関連して1944ドル、イ ランに関して5500ドルを支払った。欧州2位の銀行、ドイツ銀行はスーダンに 関して1万ドルを支払っている。欧州最大の銀行、スイスのUBSの米子会社 はフセイン政権下のイラクに関し罰金を支払った。

米同時テロ事件から2年後の現在、銀行が払った罰金の額の少なさは、テ ロ組織への資金を断つことの難しさを浮き彫りにしていると、エレンフェルド 氏らは指摘した。

ローマ Vernon Silver 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (81)(3) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE