元客室乗務員が米たばこ会社を提訴-間接喫煙で肺がんに罹患と主張

肺がんにかかったのは間接喫煙が原因だとし て、航空会社の元客室乗務員が米たばこ大手フィリップ・モリスUSA、R.J. レイノルズ・タバコ・ホールディングスなどを相手取って起こした裁判が8日、 フロリダ州マイアミの州裁判所で始まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。