自動車各社:対応に苦慮、在庫確認追われる-相次ぐ事故、火事で

新日本製鉄・名古屋製鉄所(愛知県東海市) の爆発事故に続き、ブリヂストン栃木工場(栃木県黒磯市)の火災--。自動車各 社は相次ぐ取引先の災難に見舞われ、在庫の確認作業や今後の対応に追われてい る。特にトラック各社は、10月の排ガス規制強化を控えて増産体制にあり、ブ リヂストンの工場火災で部品や資材調達に遅れが出れば、業績に影響しかねない。

栃木工場では、トラックやバス向けの比較的大きめのタイヤを生産しており、 いすゞ自動車、日野自動車、日産ディーゼル工業は、大型・中型トラックのタイ ヤを主に調達している。このため、ブリヂストンの他の工場や他のタイヤメーカ ーによる振り替え生産が可能かどうか、各社とも調査に乗り出し、検討を始めて いる。

いすゞでは、「トラックの種類にもよるが、在庫はだいたい数日間程度」 (広報部・井岡正氏)。日産ディでは「おおむね2、3日程度しか在庫がない」 (広報室・島村利夫課長)。特にトラックの国内需要が高まっている時期だけに、 生産に遅れが出ないよう万全の対応策を講じ、できるだけ火災の影響を回避した い考え。三菱ふそうトラック・バスでも「大型トラック向けにかなりの量を生産 していただいおり、なんらかの影響がある可能性が高い」(コミュニケーション チーム・宮野哲郎氏)。

トヨタは、小型トラック「ハイエース」、「ハイラックス」、セダン「クラ ウン コンフォート」の3車種12タイプのタイヤを調達しており、現在、対応に ついて検討中だ。日産自動車では現在、栃木工場からタイヤを供給している車種 や数量を調査、火災などの状況把握に努めている。「ブリヂストン側がある程度 落ち着いたところで、今後のことについては協力しながら検討する」(広報室・ 吉久潤氏)としている。

一方、三菱自動車工業では、輸出用の「デリカ」のバンがタイヤ供給を受け ているが、9月15日までの生産に関しては現在の在庫で対応が可能であること が明らかになった。9月16日以降については現在、「他メーカーによる振り替 え生産が可能かどうかを検討中」(広報部・地引繁氏)で、今週中にも判断する という。

各社の午前の株価終値は、トヨタが前日比40円(1.2%)高の3490円、日 産自が26円(2.0%)高の1342円、三菱自が4円(1.5%)高の266円、いすゞ が2円(0.9%)安の213円、日野自が3円(0.5%)安の590円、日産ディが4 円(2.1%)安の198円。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki

リンゼイ ウィップ Lindsay Whipp

竹内 カンナ    Kanna Takeuchi --* (81)(3)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE