ノバルティス日本:業界シェア5位に浮上-降圧剤「ディオバン」好調

欧州製薬業界3位、ノバルティスの日本法人、 ノバルティスファーマ(東京都港区)が販売する高血圧症治療薬「ディオバン」 の販売が好調に推移している。同薬がけん引役となって同社の売り上げ規模も拡 大、日本国内での業界内シェアが5位に浮上したもようだ。

同社広報グループの佐竹康郎リーダーは4日、ブルームバーグ・ニュースの 取材に応じ「外部データによると、今年の1-7月期の国内シェアは約3.5%に 達し、業界5位に浮上した」と指摘、2002年の年間売り上げランキング7位か ら2つ順位を上げたことを明らかにした。

ディオバンの国内販売が好調なのは、科学的なデータを利用した販売営業活 動(EBM)が奏功しているからだ。同薬はアンジオテンシン2受容体拮抗剤 (ARB)市場の売り上げランキングで米国1位になっているうえ、心臓や腎臓 などの臓器を保護する作用があることがデータで示されており、日本の医師らの 注目度が高い。

これを受けて同社は、総勢1480人の医薬情報担当者(MR)のうち、約6 割に相当する900人を循環器系薬剤の専門MRとして組織化。「国内でも1位に なれる薬という意気込みで情報提供活動を行っている」(広報グループの松本真 理グループマネジャー)としている。

最近の国内ARB市場のシェアは、1位が武田薬品工業の「ブロプレス」、 2位がディオバン、3位が万有製薬の「ニューロタン」となっている。

同社の2002年12月期の売上高は前期比17%増の1837億円。そのうち主力 のディオバンが420億円(薬価ベース)だった。

東京 今泉綾子 Ryoko Imaizumi

鷺池秀樹 Hideki Sagiike --* 03-3201-8293 hsagiike@bloomberg.net Editor:Okimoto

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE