米国株時間外:オープンウェーブ下落、CB発行計画嫌気-先物小動き

米株式市場時間外取引では、携帯電話用イン ターネット・ソフトウエアのオープンウェーブ・システムズの下げが目立つ。 転換社債(CB)を最大1億1500万ドル(約130億円)相当発行すると発表し たのが嫌気され、株価は通常取引終値比32セント(6.1%)安の4.90ドルを付 けている。

転換社債の発行は既存株主にとって、将来的に発行済み株式の増加や1株 利益の希薄化につながりかねない。同社は調達資金を将来の企業買収の費用や 「一般運転資金」に当てるとしている。

ハイン・セレスチャル・グループは1.49ドル(7.3%)安の18.80ドル。 同社は2003年7月―2004年6月期の1株利益予想を95セント-1.03ドルと、 調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均(1.05ド ル)を下回る見通しを示した。

株価指数先物は小動き。S&P500種株価指数先物(9月限)は0.30ポイ ント高の1022.40ポイント。ナスダック100種指数先物(同)は1.00ポイント 高の1364.00ポイント。ナスダック100種時間外指数は0.50ポイント安の

1360.59ポイント。

ニューヨーク Danielle Sessa 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース: