米GMやヤフーの1株利益、株価上昇で希薄化も-ベアー・スターンズ

自動車メーカーのゼネラル・モーターズ (GM)やインターネット検索のヤフーなど、ことし転換社債を発行した米企業 約100社は、株価上昇が持続すれば、1株当たり利益が減少する可能性がある ことが米証券大手ベアー・スターンズの調査で29日までに明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。