コンテンツにスキップする

ドイツ経済省コメント:7月のIfo指数改善は「明るい兆候だ」

ドイツ経済労働省のスポークスマンは28 日、記者会見し、Ifo経済研究所が発表した7月の旧西ドイツ地域の景況感 指数について、以下の通りコメントした。同指数は89.2と、6月の88.8から 改善し、3カ月連続での上昇となった。

「Ifo指数は、ドイツ経済にとって、まさに明るい兆候だ。あらゆる専 門家が、景気回復の兆候との意見で一致している。さらに、消費者支出がユー ロ高によってプラスの方向に影響を受けている兆候も見られる。それらすべて が景気回復が進行していることを示している」

ベルリン Andreas Cremer ロンドン 大河内 啓子 Keiko OKOCHI --* (44-20) 7300-7289 kokochi@bloomberg.net Editor: Ozawa

NI ECO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE